ペーニャ (西語で音楽酒場) 2019

Written by takahashiayami
 人の可能性は、
出会いによって広がっていくという考えのもと、
ラニットのアトリエがある川俣町の特産品を
取り入れたりしながら
町の宝(特に人)が交わる独自の交流の場を、
様々な世代、考え方の参加者と一緒につくっています。
高橋は事務局のメンバーの1人です。
 
昭和の要素がたっぷり残る田舎の要素を
どこまでもポジティブに捉えて存分に取り入れ、
人と関わらざるを得ない企画を、
毎度、参加者が頭を悩ませながら形にしているので、
毎年様々なアクシデントがあります。
 
今年一番の楽しいアクシデントは、後半の食事会内で行った
名ばかりの「本日のヒーロー」を決める企画です。
5つの各グループからヒーロー役1人を選び、
グループ内で装飾を施して競う大変チープな企画です。
ヒーローの皆さんが、
複数個ずつ用意したものを全て身に付けたため、
全員が同じような格好になり、
BGMに流れていた昭和歌謡曲効果で
グループサウンズ誕生になってしまうという、
予期せぬ珍事件が起きました。
結果、みんな優勝です^^←ありがち
移動式&リアルプラネタリウムは暗すぎて撮影できず残念無念でしたが、
年配の方の反応が特に良かったです。
 
お客さんとして息抜きにいらっしゃる方も、
自分の成長の場にしたいという方も大歓迎です♡
 
SNSが何だか分からないという地元の人も多いので、
この田舎の記録を誰かに
伝えていただけると幸いです。































 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です