Peña ミーティング2

Written by takahashiayami

 Peña の打合せ2

——————————-
7/3

11:15 福島駅集合
12:00 ランチ(川俣町で川俣シャモの親子丼)
13:00 川俣中央公園 会場視察と公園散策
14:30 コスキン•エン•ハポンメイン会場案内
15:00 シルクの町川俣の機屋見学
16:30 ラニットアトリエで打合せ
18:15 東和町の農家民宿「ゆんた」到着
1:30   就寝
——————————-

初日に合流したのは2人。
都内からMADE IN PERU&JAPANのニットブランドMAITE(マイテ)代表の彩子さんと、ファッションと旅をこよなく愛する福島県在住の日本画家の玲香さんと福島駅で待ち合せ、コスキン(フォルクローレの音楽祭)とシルクの町、川俣町へ。

2人とも、SNSを通じて知り合い、 アーティストや地元の人がコラボレーションできる場(Peña :ペーニャ)を一緒に盛上げてくれることになりました。

ランチにシャモ肉の親子丼を食べ、各々の仕事について話しをし、
会場になる緑に囲まれた公園へ。

マニアックなデザイナーやアーティスト、
ものづくりを大切にする起業家、集まる人達の距離が縮まるしくみを考えます。

それぞれが、まだ行なったことの無いことを1歩踏み込んで挑戦する機会にもなるので、自分達を成長させる良い機会にもなりそう。

川俣町はシルクの町。

機屋さんに現場を案内していただき、モノづくりについて語り合いました。
夜は、隣町(東和町)にある、農家民宿「ゆんた」さんへ。

沖縄県から福島県に移住してきた仲里さんが営む農家民宿のセンスと人柄のお陰で
ゆったりとした時間を過ごせました。
持ち込んだレコードを聞きながら、
仲里さんが畑で収穫したばかりの食材を使った料理と美味しい日本酒を頂く。

おのおのから出た様々な話しが交錯して、
これら全てが、企画に取り込めるような気がしてきました。

 

 

 

 

 

——————————-
7/4

7:00   起床
8:30   取れ立ての生卵が楽しめる朝食
13:30 郡山駅でハーバルセラピストの恵子さんと合流
14:00 三春ハーブ花ガーデンへ
16:00 大玉村の野内与吉資料館(マチュピチュの村の初代村長)
18:30 福島駅 解散
——————————-  

郡山駅で、都内から到着したばかりの、
翻訳やハーバルセラピストの顔をもつ恵子さんと合流。

南米のハーブ好きな恵子さんとを乗せて三春町のハーブ園へ。
恵子さんは、彩子さんがいつも飲んでいるというペルーのハーブ(ムニャ)を受けとって、ペーニャでのオリジナルハーブメニューを考えてくださるそう。

大玉村の資料館には、運良く、野内さんのお孫さん(日本マチュピチュ協会会長)がおり、直々に、姉妹都市になった当時のことを教えて頂くことができました。
大玉村とマチュピチュを強く結ぶことになった感動する実話。
是非、足を運んでみてくださいね。


Cesar yoshiro nouchi / ayako / keiko /ayami

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です